スキー&スノーボードのチューンナップ・メンテナンスに関することは、白馬のロコチューンナップにお任せください!

TEL:0261-72-6739FAX:0261-72-7606

お問い合わせ

ロコチューンナップサービス

スキー・スノーボードのチューンナップは白馬のロコチューンナップサービス!〒399-9301
長野県北安曇郡
白馬村北城2127-4

営業時間・定休日

シーズン中(12/01~3/31)
TIMEAM9:00~PM20:00
Holidayなし
オフシーズン(4/1~11/30)
TIMEAM9:30~PM19:00
Holiday毎週火曜日定休

TEL:0261-72-6739

お問い合わせフォーム

スキーチューンナップの作業工程

受付・説明・ご確認

あなたのマテリアルにどんなチューンが必要なのか受付時に説明致します。

説明は手仕上げフルチューンでの作業工程です。
仕様は、ベース-0.5°、サイドエッヂ88°、ストラクチャー細目(Wクロス)
受け取り後すぐに滑走されるとのことでしたのでワックスは剥がしてお渡しします。

加工前が右側です。滑走面が酸化してけば立っていました。

注意!LOCO TUNEUP SERVICEでは滑走面酸化防止のためワックスは塗ったままの状態での納品です。剥がしておくこともできるのでお気軽に受付時にお申し付け下さい。

受付・説明・ご確認

サンディング

板のけばだち(酸化面)を薄く薄く削ります。出来るだけ薄く削って、フラットになるように心がけています。これもお客様の板を長持ちさせるために必要なことです。

当店では板の状態によって、使うペーパーも変えています。例えば、新品の板でしたら、同じペーパーでも少し使ってあるものを使用。
こうすることにより、削りすぎを防止しています。

サンディング

傷リペア

彫刻刀で掘っていますが、リペア材が確実に接着するようにしています。当店ではリペア材を黒とクリアを使用しております。どちらの色も当店オリジナルのリペア材で市販のリペアキャンドルに比べ硬く痩せにくい素材です。

確実にリペアを行い、フラットが出るようにつとめています。少しのキズでも抵抗になります、小さなキズも見逃しません。お客様の滑りも変わること間違いありません!

傷リペア傷リペア傷リペア傷リペア
傷リペア

フラット

フラットを出すことがチューンナップの基本です。この作業が、チューンナップにおいて基本中の基本!この作業に当店では時間を掛け丁寧・慎重に行います。

フラットが出ていないと、ベースエッヂを角度付けする(削る)ときに、エッヂに対して水平にファイルが入れられません。 ここを怠ると、すべての失敗に繋がってしまいます。

お客様の中で、普段から板のチューンしていらっしゃる方もいると思います。この点に気を付けチューンナップのポイントとしてご活用下さい。

フラット

ストラクチャー

板の滑走面に溝を刻む作業です。この作業は板の滑走能力を最大に引き出す役割をします。

なぜ?板に溝が必要なのか?それは、水はけを良くするため、板が雪面に対し、張り付くことを防止するために行います。 この作業をすることにより、雪面上の水分を板の滑走面から効率よく排出します。

ストラクチャーの入れ方(粗さなど)により、様々な滑りの上での味付けをすることが出来ます。自分のスキースタイルに合った、ストラクチャーを探しましょう。

ストラクチャーの選択は店頭(電話もOK)にてお気軽にご相談下さい。

ストラクチャーストラクチャーストラクチャーストラクチャー
ストラクチャー

フラット2

ストラクチャーを入れ、2回目のフラットチェック! この後にする作業、エッヂビベリング【ベースエッヂ研磨】を行うための最終チェック作業です。

フラット2

エッヂビベリング【ベースエッヂ研磨】

この作業は、SKI・SnowBoardの乗り味を決める最も重要な作業です。

ビベリング角度によってズレる(外に出す)量が変わります。
-0.5°ならカービング要素が強く、-1°ならオールラウンド要素の強いフィーリングになります。もしも迷いがあるならば、-0.5°から様子を見ることをおススメします。-0.5°では辛かった場合の-1°(鈍角設定)などへの手直しは無料にて行っております。

また当店では、機械仕上げチューンでもエッジビベリングは手仕上げにて行っております。

エッヂビベリング【ベースエッヂ研磨】

サイドエッヂ研磨

サイドエッヂ研磨は、始めに削るサイドエッヂが均一に削れるようボーダー(耳の部分)をカットします。次にファイルガイド(このお客様の場合88°)ファイルをセットしトップからテールまで均一に”立つ”ようにファイルで研磨します。

サイドエッヂ研磨サイドエッヂ研磨サイドエッヂ研磨
サイドエッヂ研磨

オイルストーンフィニッシュ(LOCOオリジナル)

オイルストーンフィニッシュ(LOCOオリジナル仕様)
サイドエッジ研磨だけでは”バリ”が出てしまいそのまま滑ることが出来ません。
そのためオイルストーンにて滑らかでかつ繊細に立つように仕上げます。
LOCO(オリジナル)ストーンは折って使うことが出来るので凹んできてもサンドペーパーにてフラットを出すことができるのでとても便利です。当店にて好評発売中!

日々の練習で少し丸まったエッヂならこれにて復活も・・・・

オイルストーンフィニッシュ(LOCOオリジナル)オイルストーンフィニッシュ(LOCOオリジナル)
オイルストーンフィニッシュ(LOCOオリジナル)

ワクシング

当店では仕上げに塗るWAXは純正パラフィンWAX(どのメーカーも使っている色付けまえのWAX)を使用しております。なのでお客様の手元に戻ってきてからドコのメーカーのWAXの使用もOKです。

ワクシングワクシングワクシング
ワクシング

仕上げ・コメント

WAXを剥がし、仕上げです。 お客様からの声を聞き、WAXを塗ったままでのサービスや厚塗り、保管向きのサービスもしております。受付時にお申し出くださいませ。

また、シーズン終了時の『オフシーズン加工(WAX厚塗&エッヂ錆止め&ビニールパッキング)保管向けのサービスも無料で行っております。

ご来店時にチューンについて聞きたいことやお悩みなどございましたらお気軽にお聞きください。仕上げ方のポイント等アドバイスもさせていただきます。

仕上げ・コメント仕上げ・コメント仕上げ・コメント
仕上げ・コメント

ご注意

※当店では一人ひとりに合ったTUNEを心がけております。滑ってみてお客様のイメージと異なった場合(ひっかかりなど)にはお気軽にお申し出ください。手直しを無料で致します。(※一部有料の場合もあります)

※作業の内容により料金が異なりますので、お気軽にお問い合わせください。また、上記以外の作業も受け付けております。

表示:スマートフォン | PC